病院薬剤師のブログ

徒然なるままに。少しづつ勉強していきましょう。

副作用対応とPBPM(これからの主役は薬局薬剤師)

最近PBPMの話題が増えてきています.これからの薬剤師業務を考えると,とても心強いニュースもあります.私見も踏まえ,ご紹介いたします. 薬局 薬事日報に下記の記事がありました. 外用薬の開始を薬剤師が指示‐京都府南丹地域の病院と薬局、副作用早期対…

【薬のお勉強】モビコール配合内用剤

2018/11/20薬価収載のモビコール配合内用剤について勉強してみる. 便秘? モビコール配合内用剤について 慢性便秘について 今回発売されたモビコールの特徴について ポリエチレングリコールって 本製品を服用するにあたっての注意 その他の注意など 話題の2…

薬学生を病院の業務補佐として雇用する,という事について考えてみる

薬事日報の記事に,薬学生をアシスタントで雇用と言う記載がありました. こちらは大阪大学の病院薬剤部での記事となっています. 【大阪大学病院薬剤部】薬学生をアシスタントで雇用‐未来の薬剤師育成が狙い : 薬事日報ウェブサイト 学生 こちらの記事を見…

【読書感想文】臨床検査値使いこなし完全ガイドを読んでみました。

最近の月刊薬事の特集号は、良いものが多いです。また買ってしまいました・・・。 臨床検査値使いこなし完全ガイド、です。 本書は、日々確認することが多い臨床検査についての使いこなし方が、わかりやすくまとめられています。 知識を積み重ね、上手に生かし…

高齢者の薬剤投与には要注意

高齢者に注意する医薬品はいくつかあります.75歳以上の後期高齢者も増加し,その治療に関しては現実的な問題が出てきているのを感じます. 高齢者 高齢者の薬物療法 当施設に入院された方 高齢者と薬 米国の情報 FDAのデータの根拠 ゾルピデムと転倒 まとめ…

抗インフルエンザ薬の使用状況を考えてみる(日本人の10人に1人へ投与されている!)

抗インフルエンザ薬,毎年どの程度の方に投与されているか,想像したことはありますでしょうか? インフルエンザ 厚生労働省の下記の資料によりますと, 2017/2018シーズンの抗インフルエンザ薬の処方患者の推計(企業提出資料による)として 公表されていま…

CKD Up date for Pharmacistsに参加しました

2019/1/26に参加しました勉強会(CKD Up date for Pharmacists)のメモです。 薬剤師のための腎臓病薬物療法 という内容です。 薬局 2018.12.17.にありました、医療安全情報[No.145] 「腎機能低下患者への薬剤の常用量投与」の記事もあったため、気になって…

製薬企業のコールセンターを上手に使う意識を持とう

先日のミクスに,コールセンターの意識調査の記事がありました. 製薬企業コールセンター 年間平均利用回数最多は「1~5回未満」 薬剤師意識調査 | 意識調査 | 国内ニュース | ニュース | ミクスOnline とても有用な製薬企業のコールセンター,医薬品に関…

インフルエンザに紅茶が効く!過熱する報道に物申す!!

先日,電気屋のテレビの前を通ったら 「インフルエンザには紅茶が効く!!」という報道を見ました. 普段テレビを見ない私にとっては,ちょっと衝撃的でした. 紅茶 そしてGoogleで調べてみると・・・ なんとスゴイ情報だらけ. ですので,ちょっとだけ言わ…

医薬品の流通、保管、管理について考えてみる

近年の医薬品の薬価高騰、医療費は増加の一途をたどっています。今回のお話は、そこまで大きな話ではないですが、病院、薬局での医薬品の管理について考えてみたいと思います。 冷蔵庫 薬事日報、ミクスに下記のニュースがありました。 GDP国内導入でメーカ…

キノロン系抗菌薬を再考する.重大な副作用の項に「大動脈瘤,大動脈解離」の追記

キノロン系抗菌薬はその優れた抗菌力と安全性から,日本国内でも広く使用されている薬剤の一つです.2019年1月10日に,添付文書の重大な副作用の項に「大動脈瘤,大動脈解離」が追記されました. 海外からの報告も出ておりますし,米国FDAでも警告がされてい…

医療従事者向け 問い合わせチャットボットを使ってみた感想

話題のAIによるチャットボット、対応は、早いです。 ちょっとビックリしました。 中外製薬が、製品情報の問い合わせにAIを用いると言うニュースが出ていました。 2019年1月10日のミクスになります。中外製薬の医療従事者向けサイトに、タミフルの情報提供に…

【読書感想文】薬局 2019年1月号 特集 「Evidence Update 2019 ― 最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する ― 」

薬局 2019年1月号 特集 「Evidence Update 2019 ― 最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する ― 」を読んでみました. 薬局の昨年に続く特集です.1月号のEvidence Update 2019. 最新の薬物療法のエビデンスを付加的に利用する,とあります. この特集…

ビソノテープの適応追加に沸く薬剤師のお話し.外用剤を見直してみよう.

ビソノテープ(経皮吸収型・β1遮断剤)に,頻脈性心房細動の効能・効果が追加, ビソノテープ2mg製造販売承認取得,ビソノテープ4mg・8mg製剤改良とのことです. 医療関係者向け情報 トーアエイヨー https://med.toaeiyo.co.jp/products/information/notic…

デザレックス回収(すごい金額?)に感じる違和感と当施設の対応

持続性選択H1受容体拮抗・アレルギー性疾患治療剤 デザレックス錠5mgが回収となりました.クラスIIとなっております.分類についてはPMDAの下記を参照ください. 重篤な健康被害はまず考えられないという事なのですが,今回は全ロット回収という事なので,処…